偏差値を上げるアプリを作りたい

アプリへのリクエストはどの記事にでもコメントください

12月

12月16日日曜日

経過時間の仕組みをiPhoneとほぼ同じに合わせられて少し進みました。結果画面の文字サイズがセルごと(1問ごと)に調整してくれるわけではないみたいで、そこを保留しながら他の部分を進めています。

 

12月15日土曜日

Androidの仕組みと自分の理解不足の都合で、iPhone版と同じ仕組みは諦めて問題文データの読み込みコードを書き直したら、10問分を読み込むとき、0.002秒の処理が0.092秒の処理になってしまい46倍になりました。でも初期起動時の読み込みは100倍速くなりました。人間の体感での違いは感じないような気がするのでこれでいこうか検討中です。スマホではなくMac内で計算してるからこのスピードなのかもしれないので、どこかでAndroidスマホを手に入れたいと思います。

 

12月14日金曜日

スワイプの切り替えがiPhone版と作り方が違っていて調べものとメニュー4ページの書き換えで予想より時間がかかりました。

 

残り

設定ページ2つ

テスト15/診断テストの画面

グラフ付き結果画面

成績画面

復習リストとマイリスト

 

12月13日木曜日

Android版の無機化学のメニュー4ページが完成。(明日はスワイプでの切り替えを付けます)

 

12月12日水曜日

Android版の時間のかかる部分を突き止められたのでレイアウト作成の細かいところまで進めました。「メニュー→練習テスト」はほぼできました。結果画面は下ツールバーの動作などがもう少し。

 

残りの作業は大雑把に書くと

 

メニュー1234と設定画面2つの移動

テスト15(時間制限あり)

設定画面

成績画面

申請についてとアカウント作成など

 

が残っています。

来週中には完成しているような予感がします。

はやくAndroid版を出してちゃんとした広告を駅などに出して、他の科目の問題作成も進めたいです。

 

12月11日火曜日

とりあえず「メニュー→練習テスト→結果画面」までの1セットができたのですが、起動が遅く、タテヨコ変更するたびにロード情報が大き過ぎて数秒固まりました。ここから見直して原因見つけたりするのが面白いところです。

 

12月10日月曜日

コードの書き換え(swift→kotlin)は思ったより慣れてきました。レイアウト作成のルールが少し違っていて、経過時間を重ねて表示できなさそう?そこでストップして寝ながら考えます。

 

12月8日土曜日

Android版の結果画面を作成。まだまだ思うように動作してくれませんが、次の日には解決するの繰り返しです。

 

12月5日水曜日

1週間が1日のようにあっという間に過ぎます。とにかくAndroid版の作成を進めています。

 

12月3日月曜日

誤植に指摘を受けて安息香酸の臭いを調べなおしました。持っている高校教科書には安息香酸の臭いの記述が探せず、参考書と辞書などを調べると無臭と微かな香りの記述があり、数冊の図説に目を通したら1冊に無臭と書いてあったのでその図説を採用しました。アプリ内へ出典を記しました。

 

Android版への書き換えを続けています。

 

12月2日日曜日

Android版への書き換えはアプリ内の1ページにつき半日〜2日かかっているので、おそらく12月中旬には出せるのかもしれないと予想しています。(化学アプリ)